戦々恐々2出演バンド

My paper
ボーカルギターの千葉さんが前回の戦々恐々に来てくれたのがきっかけです。その後My paperの久々のライブを見る機会があって、もちろんかっこよかったんですけど、千葉さんの他のバンドの曲もやってたりして、その時点ではまだ「My paper」が好きって厳密には思えていなかったかもしれないですね。今思えばですけど。

もちろん今では大好きなバンドです。バンドとしての雰囲気が好きなんですよね。キーボードを弾いてるMASAさんって、おそらく40代くらいの方だと思うんですけど、おちゃめなおじさんっていう印象で、ベースのけんじは黙々とベースを弾いていて、なんとなくその2人の雰囲気が好きなんです。ドラムのなみちゃんは同い年で僕もドラムなので色々話をします。ライブのたびに手数が多くなってて、今回スタジオライブなので、間近でドラミングが見れるのがとても楽しみです。

My paperのサウンドは、千葉さんのギターはもちろんすごいんですけど、やっぱり曲が好きです。まずメロディがとてもよくて、歌謡曲っぽくないメロディなのが個人的には好きです。サビが短いのもまたいいんです。千葉さんはいわゆるインディ、オルタナシューゲイザーと呼ばれる音楽がすごい好きなんだと思うんですけど、音楽愛が滲みでていると思います。それでいてマニアックにならずシンプルにいい曲なのがすごいと思います。

11月に出たMy paperの音源もよかったです。「LEO」「No Reason」の2曲がとても好きです。

 

テンズ

熊谷のスリーピースバンド。今年の3月に熊谷にライブを見に行った時にテンズが出ていました。その日に初めて見たんですけどすごく熱くてかっこよかったですね。気づいたら最前にいて、わー!ってなってました。

それでライブ後にすぐ声をかけて、企画に誘ったんです。いい思い出です(その日盛り上がりすぎてひどく泥酔したのもいい思い出です…)。なのでまだ一緒にライブしたことはありません。その後も、川越でのライブを見に行ったりした程度なので、企画をきっかけにもっと交流できたらいいなと勝手に思っています。

YouTubeにアップされている日々の焦燥を聴くと、まずイントロのギターが哀愁があっていいなあって思います。これだけで好きになってしまう。さらにサビで一気に熱くなります。

1月6日に下北沢Basement barでのライブも決まっているみたいですので、気になった方はぜひそちらもどうぞ。

 

Town

Townの前身バンドの音源を偶然バンドキャンプで聴いて、いいなあと思っていたら、ちょうどTownの初ライブがあるということで、小岩まで見に行ったんです。そのライブがすごくよくて、ライブの後に声をかけて、っていうところから付き合いが始まりました

(その日に話したことをいまでも覚えていて、WEARE!というバンドが好きという話をしたり、ベースの大ちゃんに「なんて名前のバンドやってるの?」と聞かれ、ケロッツと答えたのですが、僕がぼそぼそ話すので「え?ゲンコツ?」と返されたり…。今では大ちゃんはことあるごとにケロッツが好きだと表明してくれています。ありがとう!)

Townのサウンドは轟音で激しい。ボーカルのこそねくんの叫び、まさしの力強いドラム、唸りまくってるなるさんのギター。でもなぜか温かくてやさしい感じがするんですよね。多分こそねくんが作る歌のせいだと思います。こそねくんは弾き語りもよくしているので、素の歌として聴くことも多いんですけど、音程が低めで素朴な歌なんです。それが沁みるんです(僕も「音程が低いのにいい曲」を作ろうと影響されました)。だからこそTownのサウンドは、温かく包みこんでくれる感じがするんでしょうね。彼らの「窓辺」という曲があって、今年の3月の下北沢モナレコードでのライブで窓辺を聴いたとき、そんな気持ちが高まって、思わず泣いてしまったほどなのです…。

歌詞も好きです。青臭い感じはもちろん好きなんですけど、単語の選び方がよいんです。突飛じゃないけどありきたりでもない。口ずさんだ時に気持ちいいですし、絶妙なバランスですね。

こそねくんの人柄にもとても感化されています。こそねくんは音源を投げ銭で売ったり、とある企画の出演者紹介用ZINEでメンバーでの座談会を文書におこして載せていたり(これがとても面白い!)と、とてもアイデア豊富なんですね。その一方でギターは掻き鳴らすし、ライブの打ち上げは朝までいるっていう熱いところもあって、ほんとにすごいと思います。

最近やってる新曲「海」「かみなりイレブン」もすごくよいです。ギターがあんまりジャカジャカしていなくて、これまでの曲に比べて音を減らしてると思うんですけど、轟音だけじゃないぞって意気込みを感じて興奮しました…(weezerがEl Scorchoを出したときにもしリアルタイムで聴いてたらこんな気持ちになったかな…)。半年ほどライブをお休みしてしまうみたいですが、復活を楽しみにしています。

THESE NEW PURITANS/BEAT PYRAMID

 

Beat Pyramid

Beat Pyramid

 

Dominoからのリリースということで購入。これ、すごくかっこいいです。

 

トレモロピッキングを多用したリフとか、トリッキーなドラムとか、同レーベルのアークティックモンキーズの2ndを想起させます。ただ、アークティックモンキーズは歌として聴けますけど、それに対して彼らの曲にはメロディがあまりありません。同一フレーズの繰り返しが多く、民族音楽の雰囲気すらあります。

 

UKロックというよりはポストハードコアのサウンドに近いのではないでしょうか。老舗ハードコアレーベルDISCHORDからリリースしていたQ AND NOT Uに似てますね。

 

全然知らないバンドでしたが、買って正解でした。こういうことがあるから、ついつい買ってしまうのですね。

 


These New Puritans - Swords of Truth (2008)

 

 

 

 

THE NEW HOUSE/WANT ALONE BUT HELP ME

 

Want Alone But Help Me

Want Alone But Help Me

 

 

発売当時に兄が買っていたので、音源データはあるのですが、改めて購入。

 

初めて聴いたとき「これはヴァンパイアウィークエンドの前身バンドなのでは!?」と驚いたことをいまでも覚えています。京都のセカンドロイヤルからのリリースなので、普通に考えれば日本のバンドなのですが。

 

当時の彼らのインタビューを読むと、ヴァンパイアウィークエンドは聴いてなかったみたいですね。むしろペイブメントの影響が大きいみたいです。なるほど納得のローファイ感、ヘロヘロ感。

 

楽器を始めて間も無いメンバーもいるようで、演奏技術はさほど高くはないようですが、センスで乗り切ってます。そこがいい。

 

アルバムのタイトルも青臭くかつスマートな感じでとても好きです。

 


THE NEW HOUSE

 

 

 

THE TRASH CAN SINATRAS/CAKE

 

Cake

Cake

 

 

全然知らないバンドだったのですが、ジャケとバンド名を見て気になり、その場で調べて良さそうだったので購入。レーベルがGO!DISCSとあり、調べてみたらラーズなんかもリリースしていたのも決め手でした。

 

スコットランドのいわゆるネオアコバンド。1曲目のイントロを聴いて、買って正解だったと確信。エレアコジャカジャカで始まるのですが、哀愁漂いつつ、疾走感があって素敵です。

 

アルバム全体を通して、グッドなメロディとギターアンサンブルが楽しめます。アルペジオや単音ギターのフレーズが耳に残りますね。コーラス、リバーブなどのエフェクトが深くかかったサウンドはこのジャンルの特徴なのでしょうか。

 

ブックオフで知らないバンドのCDを買う際には、ジャケの雰囲気や、レーベルなどの情報を重視しますが、今回はそれでうまくいきました。

 


Trashcan Sinatras - Obscurity Knocks

THE STROKES/ROOM ON FIRE

 

ルーム・オン・ファイア

ルーム・オン・ファイア

 

 

いわゆるガレージリバイバルとかロックンロールリバイバルの火付け役として知られているストロークスの2ndアルバム。

 

お尻のジャケで有名な1stも実は最近になってようやく聴いたんですけど、ボーカルのしゃがれ声や、ソリッドかつ淡白な演奏がとてもよく気に入りました。

 

2ndは1stの延長ではあると思うのですが、ややポップになっていて聴きやすい。それでいて繰り返し聴いても飽きないスルメ盤。収録時間が30分程度と短めなのもいいですね。1stばかりフィーチャーされている印象ですが、個人的には2ndのほうが好きです。

 

彼らの作品はブックオフの280円コーナーでもよく見かけます。Sの並びはいわゆるオルタナ、インディのバンドのCDが多いので掘りがいがありますね。

 


The Strokes - 12:51